• とにかく専門家を探している方
  • 遺産相続で何から始めたらいいかお困りの方はコチラ

贈与税について

贈与税の役割

民法においての贈与とは、個人が財産を相手方へ無償で与える意思表示をし、相手方がこれを承諾することをいいます。
相続においても、被相続人が生前に財産を分け与えれば、これは贈与となる訳です。
では、生前にすべての財産を贈与しておけば、相続税を回避できるのでしょうか?
答えはノーです。こうした逃げ道を塞ぐために、贈与にはしっかりと税金が設けられているのです。
これがよく耳にする贈与税です。
つまり贈与税は、相続税の補完的な役割を果たしているといえます。その証拠に『贈与税法』という法律はなく、贈与税は相続税法に規定されています。
なお、被相続人の死亡より前3年以内に贈与があった場合、その財産は相続税の課税対象になることがあります。
贈与を含めたすべての相続税を計算しなければなりませんが、すでに収めている贈与税については納税にあたって精算される仕組です。

このページの先頭へ

贈与税の課税価格

贈与税は年間110万円を超える財産を受け取った場合に負担しなければなりません。
設定額が低いため、節税対策として贈与を行っても相続税よりも負担額が高く、なかなか税金ゼロという訳にはいきません。
もちろん、贈与税には非課税のものもあります。親からもらう生活費や教育費など、社会通念上、贈与税をかけるに至らないものについては問題ありません。

このページの先頭へ

難しい贈与税計算

贈与税や相続税については早め早めの対策を打ちたいものですが、計算方法ひとつをとっても決して易しいものではありません。
人生に何度も経験するものでもなく、確かな知識として身につけている人の方が少ないでしょう。
ただ、自分たちのお金の問題なので可能な限りは対処できるようにしておきましょう。
とはいえ、誤った知識のまま進めるのは危険です。困ったら専門家に相談し、すみやかで正しい解決法を選択してください。賢者の遺産相続の情報も参考にしてみてください。

遺産相続について

相続税について

遺言書について

遺産相続に関するご質問

このページの先頭へ